FC2ブログ

あした天気にな~れ~

Kenkenmamaの毎日の日記です。 愚痴っても、明日は天気に(心も)なると良いな~~♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々勉強中・・・

しばらく更新してませんでした・・・・

何をしていたかって???

それは連休明けたら・・・子供会の運動会の選手決め。

連休明けにリレーの立候補・走っても良いよ。って子供たちを募って
連休明けに選手を役員で決め、選手になった子にお願いや
選手にならなかった子には・・・お断りをして回りました。

勝ち負けでなく、「わたしが・僕が走りたい」という気持ちを大切にしたのだけど
私が担当したお宅にお断りしに行って帰って来たあとそのお母さんから電話が・・・

「子供が納得してないので、もう一度子供が納得したやり方で決めてもらえませんか?」と
言われても私の一存では決められないので・・・

会長に相談。会長も副会長と相談したところ、立候補をしたお子さんにやはり走ってもらうと
言うことで・・・・
その旨を相手のお母さんとお子さんに伝えたけど、余計「納得できない!!」と
いくら説明しても納得してもらえないので、また帰って会長と相談。

そのあと会長と一緒に出かけて行き、お話をするんだけど・・・平行線・・・
聞きに行ったときそのお子さんは「走っても良いよ。」と言われた。
他のお子さんは走りたい子は「走りたい!」って言っていたし、そういった子を
優先したのだけど
「うちの子走りたいって言いましたよね。」と言われ
「確かに走っても良いといわれたんですけど・・・」
「いいえ、走りたいって言ったはずです。」って・・・

私も取り方が悪かったんだと言い訳もしたくなかったので「こちらの取り方が悪かったようで
すみません。」と言った。
すったもんだして・・・30分くらい玄関先で話し合ったけど・・・一向に平行線。

会長も「もう決まったお宅にはお願いにあがってますし・・・立候補させてるお宅もたくさん
あったけど、たくさんいらっしゃるなら走りたい方に走ってくださいと言われたんですけど・・・」って
言っても譲られない・・・・

会長も譲らないし・・・でにらみ合い状態。

もう一度娘さんに話をしてくるといわれそうしたら「来年10代で走るって言ってるので、もう結構です!」と言われたので、気分はすっきりしなかったけど・・・お詫びして帰った。

これで一件落着と思いきや・・・
その日の夕方また会長から電話があり・・・・
「うちの方にまた来られていろいろ言われたので、副会長と相談して・・・この学年は仕切り直しに
しようという結果になったんですけど・・・・候補者の子供たちに集まってもらって(学校から)自分たちで決めてもらうことにしたから。お願いしに行ったところは大丈夫かな?」って

私は知ったお宅だったし、たぶん愚痴愚痴と言われるお宅ではないだろうし・・・と思い
その旨を伝えに行ったところお父さんと娘さんが出て来られて
「そんなに走りたい子がおっただか?ありがたいことだでなぁ~ほかの丁区では選手が集まらんと
探し回っているのに・・・そんな気にしなさんな~」って言われ
娘さんには「明日みんなで決めるから。」ってあさっりと言ってくれて助かった・・・・

そしていろいろ言われたお宅にも行き話をしたら
「誰誰いらっしゃいますか?」と尋ねられ、6名ですと答えると
晴れやかなお顔。

そりゃ自分も思い通りになったんですものね。

そして次の日、選手も決まったかな?と心配しつつ
防犯ボランティアの会合で学校に行っていた間
今度はyumiに選手になってほしいと連絡があったらしい。
担当の役員さんに電話したら、年代別に走る子が「やめる」と言って来られたようで。
yumiも走っても良いよ。って言っていたので
白羽の矢?が・・・・・

yumiは走りたい。って言うので走ることに・・・・だけど丁区対抗にとお願いした。
だって・・・・年代別は・・・すごいプレッシャーが親も子もあるし・・・
地域あげて優勝を狙うぞ~って言う感じがあるのに・・・怖い・・・
yumiは走る気満々で・・・その夜から練習始めました・・・・

そして夜、いろいろ言われたお母さんから電話が
「選手が決まりましたので・・・」って
不安に思いつつ聞くと、そのお母さんの娘と私がお願いしていた子以外が
選手に。

すこし申し訳なさそうに・・・「なかなか決まらなかったようで、○ちゃんが(私がお願いしていた)
『じゃんけんしよう!』って言ってじゃんけんで決めたらその子が、一番初めに負けて・・・
とても悔しがっていたと娘が言うので・・・」
一番恐れていたことが・・・

「わたし○ちゃんに電話しましょうか?」って言われたけど
その人のことを伏せて「役員の手違い」って言うことになっているので
お断りした。

そして会長に報告・・・
「一番恐れていたことだよね・・・」
「わたしお詫びに行ってきましょうか?」というと「一緒に」と言われ
夜お宅に。

「悔しがってましたけど、仕方ないですわ。今体操教室に行っていておりませんけど
学年のリレーで頑張るって言ってましたので、大丈夫です。」って

ほんと最後まで後味の悪い結果に・・・・

お詫びを言って帰りましたが・・・そのあと会長と・・・
「昨日来られた時に(会長宅に)さんざん言われたのよ。子供を蔑ろにしてるとか
たかがリレーだと思っているとか・・・」

「子供を蔑ろにしてると言われたのは心外ですと反論したけど・・・すごかったんよ・・」って
そこまで言うの?かなり会長も傷心させたようだけど
「kenkenさんのせいじゃないから気にしたら前に進めないのでお互い切り替えしましょう!」って言って
別れたけど・・・

いろいろな思いもあるけど・・・ここまで突き通す。
人の子より自分の子の思いを通すなんて・・・

なかなかできないよね・・・

ほんと勉強になります・・・って言うか人間は怖いです・・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。